まとめちゃうよ!
このページを最新にする

袴田事件

袴田事件のQ&A

袴田事件の超絶拷問王警視、松本久次郎は、まだ生きていますか?

あ! 警視になったのですか?
私の手元の資料では、袴田さんを陥れた警察官の実名は

松本久次郎警部、岩本広夫警部補、松本義男巡査部長、森田政司巡査部長

となっていたのですが。

袴田さんを陥れた警察官が出ています
http://www.dailymotion.com/video/xryciz_%E8%A2%B4%E7%94%B0%E4%BA%8B...





以下、私の実体験を聞いて下さい。





地下鉄・松本サリン事件で「21名」を「殺害し」約6960名に重軽症を負わせたオウム真理教の資金源は、

法律(確か当時の有線電気通信法)に違反したテレフォンクラブの経営にあり、その電話番は≪警官≫もやっている

私は、この事件に関する証拠を持って「週刊文春」に、この事実を記事にしてくれと、持ち込んだところ

この事件は記事にならず、その後、私の住んでいたアパート(神奈川県川崎市麻生区多摩美1-16-10)に銃弾が撃ち込まれ、そのアパートの一室がオウム真理教のアジトになった(おそらく週刊文春がオウム真理教にタレ込んだのだろう)

この時、私は神奈川県警に再三再四、誰が銃弾を撃ち込んだのか問い合わせをしたのですが、県警は教えませんでした。
県警が犯人を教えなかったのは、どうしてでしょうか?




私は、その後警察の不正を告発するビラを配っていたら、警察に身柄を拘束され、頭を殴られる等の暴行や、警察の不正を告発する活動を止めるようにとの脅迫・暴行を受けたことが3回(美人局を含めると4回)あります。

この時「自分のアパートに銃弾を撃ち込まれても、まだ分からないのか! おまえ、本当に殺されるぞ!」という趣旨の脅迫を受けました。

さらに、私は警察の不正を告発する為に、いろんな証拠やメモを残していたのですが、この証拠が自宅から無くなっていました。このことに最初に気付いたのは、上の麻生区多摩美から、麻生区岡上71-1 サニーハウスへ引っ越した直後でした。私は警察へ盗難届を出したいという電話を何十回も掛けました。地元の警官が2名、話を聞きに来てくれましたが、結局、盗難届は受理されませんでした。

警察は、なぜ盗難届を受理しなかったのでしょうか?
また、警察の不正を告発する為の証拠やメモを、私の部屋から
★警官は風俗店の摘発を目こぼしする見返りに、タダで本番サービスを受けている
↓ 以下を参照して下さい !
http://note.chiebukuro.yahoo.co.jp/detail/n115769




★警察は交通違反をしたとウソをついて
ノルマ達成のために(警察の金儲けの為に)国民の財産を略奪しています
↓ 以下を参照して下さい !
http://note.chiebukuro.yahoo.co.jp/detail/n121288





あはは・・・全く質問に答えて無くて、ごめんなさい。

袴田事件 についてコメントお願いします!